集客のカギはのぼりデザインのキャッチコピー

集客に効果的なのぼりデザインのポイントはさまざまありますが、その中でもやはり一番注力したいのがキャッチコピーです。

アピールしたい商品やサービスをどう表現するかによって、集客効果や流入層が大きく異なるので工夫が必要です。

たとえば「パスタ」をアピールしたいとします。

この場合「激安!満腹パスタ」というコピーと「ランチはイタリアンパスタとともに」だとどうでしょう?

結果的にまったく同じパスタを提供することになったとしても、前者の場合は短時間で満腹感を得たいドライバーや安さを重視する学生に、後者は待ち合わせしてランチをゆっくり楽しもうというような主婦層などにヒットします。

これは極端な例ではありますが、どのようなキャッチコピーを作るかは、どの層に来てほしいかを想定することが第一です。

想定できれば、その層が何をどう求めているのかを調査し、その文言を選定するだけでOKです。

スピード感を求める層には「最速」「すぐに」「待ち時間なし」などが、安さを求める層には「コスパ最強」「激安」「特価」など、高級感を求める層には「プレミアム」「一点もの」「限定生産」などの特別感を匂わせる文言が良いでしょう。

最適なキャッチコピーを決めたら、掲載するサービスや商品名を決め、のぼり旗に配置したイメージデザインを作ります。

文字数が多いと、何を書いているのかわかりづらいため注意しましょう。

とくに、のぼりは、運転しながら・歩きながら見るものです。

わざわざ立ち止まっては見ないということをしっかり頭に置いて、パッと目を引く文言かどうか、印象に残るフレーズかどうかを考えながら決めていきましょう。




Comments are Closed